活性酸素と美容との関連

美容の大敵は「紫外線」と「活性酸素」!!
「過剰活性酸素」「過酸化脂質」を除去してくれる物質がSODです!!
SOD様作用食品で過剰活性酸素を除去し内側からの本当の美肌

INDEX BALL PINK 活性酸素の発生原因
紫外線化学物質食品添加物農薬ストレスたばこ排ガスその他環境汚染など
経 過
 活性酸素が過剰に発生
 SODが間に合わない
 コラーゲンの破壊
 ホルモンのアンバランス
症 状
 シミ
 シワ
 ソバカス
 皮膚の老化

シミ・ソバカス・しわのメカニズム

「しみ・そばかす・しわ」などは。メラニンという色素の皮膚への沈着によって起こることは良く知られていますが、最近活性酸素によってメラニンの形成反応が強力に促進されることがわかってきました。
しわの原因の一つに、活性酸素が膠原繊維(こうげんせんい)を破壊することが考えられています。

活性酸素が増加する環境にあり、しかも年齢を重ねSOD活性が低下し皮膚の保湿作用を営んでいるヒアルロン酸(これも活性酸素を低下させる作用が強い)が低下すると当然「しみ・そばかす・しわ」が増えてくるわけです。
必須アミノ酸から二段階・三段階を経てメラニン色素が形成されますが、この段階の変化はすべて酸化によるもので、しかも
どの段階にも活性酸素が関与しています。

皮膚の構造とメラニン色素 図

もう少し詳細に説明しますと、体のどこにでも存在する必須アミノ酸の一つであるチロシンが酸化され、まずチロシンがドーパーに変化し、ついでドーパーがインドール、インドールがキノンと反応し、このキノンが重なりあって(重合と呼ぶ)無惨なシミ・ソバカスになるのです

READ ME メラニン色素の生成
色素細胞(メラノサイト)の中に含まれる酵素(チロシナーゼ)が活性酸素によって酸化を繰り返しメラニンを生成します。
メラニン色素が作られることで私たちは皮膚癌にならなくて済んでいるのですが、個人差はありますが35〜40才位からSODが低下してくるとその色素が沈着してシミになってしまいます。

人間のメカニズムや自然の摂理とは面白いもので紫外線によってシミ・ソバカスは出来ますが、その一見すると醜いシミ・ソバカスは、これ以上紫外線の害を皮膚に及ぼさないようにするための防御作用も備えているのです。


言い換えると
身体を皮膚癌などから守るために身体の防御反応としてシミ・ソバカスが出来ると言えるのです。
メラニン色素に活性酸素を除去する「scavenger作用」があることは、アメリカの皮膚科学者の著明なPathak教授により発表されています。

美容・肌の敵

生体にとって紫外線は一種の異物ですから皮膚細胞・組織を守るために活性酸素が生まれ、外的である紫外線を退治しようとします。
ところがその時に、
活性酸素はしばしば力が余って自分の肌を傷つけてしまうのです。

大量に敵(紫外線)が襲ってくると、味方(活性酸素)も大量に出ていかなければなりません。
太陽に当たるたびに表皮膚や真皮膚で膨大な戦いが起こりますので、首筋やそのまわりが皮膚ガン症状になってしまうのも無理ありません。

皮膚ガン症状にならなくても、日常この小さな戦いが女性のやわらかいお肌の中でも起きています。
また私たちの生活の中には、紫外線以外にも悪敵はたくさん存在します。

化学物質、薬品や洗剤や食品添加物も活性酸素を高めますし、環境汚染や水質汚染など世の中の大半のものが「美容の敵」になっています。

フロンガスなどによる南極上空のオゾン層の破壊が人類の一大事として心配されていますが、環境汚染によってオゾンが1%破壊されると悪性の黒色シュが増加し黒色シュによる死亡率が非常に高くなると心配され、また皮膚ガンもさらに増加が懸念されます。

農薬がしみこんだ野菜を食べることも、排ガスを浴びることも日光もお肌に悪い事はわかってきていますが、残念ながらこれらを避けることが出来ないのが現代生活です。
TOP
SODの肌への効果

SODが強ければシミ・ソバカスはできない。
同じ日光に当たってもシミやソバカスが出来る人と出来ない人がいるのは何故でしょう?
理由はただ一つ、それぞれの個人が持っているSODの力が強いか弱いかということだけです。

女性の皮膚を検査しますと、大変活性酸素が高い人、ほとんど活性酸素が認められない人などさまざまです。

SODの力を計ってみますと、活性酸素値が高い女性はSODの力が弱く皮膚もガサガサしています。
ほとんど
活性酸素値が認められなかった女性はSODの力が強くて肌はしっとりなめらかな状態を保っています。

ここ数年アメリカやフランスでも女性のお肌に関して活性酸素とSODの研究が行われ、最近みずみずしく美しい肌であるかどうかは「SODの力の関係だ」ということが何度も確認され、そのデータは科学アカデミーにも登録されました。

SODエキスの肌への効果

SOD様作用食品を摂取することは、お肌を紫外線や公害から守ってくれるばかりではなく、内面からずっと美しく変えて維持してくれます。

SODエキスの効果図

SOD様作用食品はアトピーに対する効果の「臨床例」でもご確認していただけるように、本来の人間の美肌を内側から取り戻してくれます。
先に肌の内面を健康にすることで更に綺麗な肌を取り戻しすことが大切です!
(詳細は、臨床例CLICK
油や乳製品を控えて和食中心の食事とSOD様作用食品の組み合わせで健康ダイエットにも効果的です!

最近特にお問い合わせが増えていますが、多くの方(特に敏感肌の方やアトピーの方)が化粧品の使用についていろいろお悩みのようです。
2000年より化粧品の成分の表示義務によりすべての成分を表示するようになりましたが、成分を見てその善し悪しを判断できる人は限られています。

「天然成分使用」とか「添加物は使用していない」とか「天然香料使用」とか記載されていても敏感肌の方やアトピーの方が使用されるとトラブルが後を絶えないようです。
これは
化粧品の乳化に水・油・界面活性剤が使用されている場合が多く、その影響だといわれています。

現在丹羽医師の許可により抗酸化に優れたSODエキスを配合し無色素・無鉱物油・ノンアルコール・無防腐剤で、アレルギーテストもすべてパスした化粧品(肌の調整主体の基礎化粧品)や乳化にマイナスイオン水を使用し界面活性剤を一切使用しない化粧品も発売されアトピーの方に特に注目されています。

活性酸素やフリーラジカルが関与する代表的疾患
障害組織
代表的疾患
循環器系
心筋梗塞・不整脈・動脈硬化・血管攣縮・虚血再循環障害・Se欠乏症
呼吸器系
肺炎・感染症・肺線維症(制癌剤副作用)・ARDS・パラコート中毒・喫煙障害・肺気腫・インフルエンザ
脳神経系
脳浮腫・脳梗塞・脳出血・てんかん・脳血管攣縮・パーキンソン病・自律神経障害(Reilly現象)・遅発生神経障害・脊髄損傷・神経原性肺浮腫
消化器系
急性胃粘膜障害・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎・クローン病・ベーチェット病・肝炎・肝硬変・薬物性肝障害・肝移植病態・各種の黄疸病態・膵炎
血液系
白血球系:慢性肉芽腫症・白血病・AIDS・敗血症
赤血球系:異常ヘモグロビン症(メトヘモグロビン・サラセミア・鎌状赤血球)・ヘモクロマトーシス・プリマキン過敏症・夜間発作性血色素尿症・薬物性貧血・アカタラセミア

他の血液成分:α1-酸性蛋白の障害・高脂血症・DIC・血小板異常症・出血性ショック
内分泌
糖尿病・副腎代謝障害・ストレス反応
泌尿器系
糸球体腎炎・溶血性腎障害・薬物性腎障害・制ガン剤の副作用・ファンコニー症候群
皮 膚
火傷・日光皮膚炎・アトピー性皮膚炎・皮膚潰瘍
支持組織系
関節リウマチ・自己免疫疾患・膠原病
眼 科
未熟児網膜症・網膜変性・白内障・角膜潰瘍
腫 瘍
喫煙による発癌・化学発癌を癌化学療法・放射線障害と放射線療法
医原性疾患
薬物障害・制癌剤の副作用(白血球減少症・プレオマイシン肺線維症・アドリアマイシン心筋症・シスプラチン腎障害)・光線療法(光増感剤)・IVH(セレン欠乏など)・高酸素療法
環境汚染性疾患
重金属障害・水俣病・シリコーシス・喘息・排気ガス性肺障害・水汚染による各種中毒
その他
手術浸襲・アラキドン酸代謝病態・食中毒・壊血病
「フリーラジカル」近藤元治編<メジカルビュー社>より
TOP



戻る

左にメニューページが表示されない場合は下記をクリックしてください。

HOME

SOD NETWORK