「丹羽アガリクス」の安全性

平成18年2月13日の厚生労働省の発表内容及び
『丹羽アガリクス』の安全性についてのコメント


INDEX BALL GOLD平成18年2月13日の厚生食品局安全部 発表内容

1・調査対象調査方法

  I キリン細胞膜破砕アガリクス顆粒
  II 仙生露顆粒ゴールド
  III アガリクスK2 ABPC顆粒

  の3製品を調査

2・調査方法

ラットを用いた動物試験で、製品の摂取目安量の約5倍から10倍程度の量を与えたところ、発がんの作用が認められた。
ただしこの事はヒトに対してただちにガンを引き起こすという結果ではない。
また
今回報告された試験結果は「キリン細胞膜破砕アガリクス顆粒」だけであり、他の2商品に問題は出ていない。
このことはアガリクスを含む商品全体に発がんを促進する作用が疑われたというものではない。

INFO

以上が今回のアガリクスに対する厚生労働省の正式な発表内容です。


INDEX BALL GOLD 丹羽博士の「丹羽アガリクス」についての正式な見解コメント
近いうちに論文にされる予定です。

アガリクスが肝障害を起こし、また、発癌促進作用があるという問題が一部新聞に報じられましたが、私の開発した丹羽アガリクスの安全性について説明いたします。

中国産のアガリクスについては、先ず従来から、
二酸化硫黄(SO2が含まれていて、肝障害を起こすことが判っていました。
何故このようなこと二酸化硫黄が中国産のアガリクスに含有されるかと言いますと、アガリクスは湿った、湿気の多いキノコでありまして、どこで加工しても多量の熱を加えて乾燥させる必要があります。

その場合、
中国では、練炭・豆炭と言う、石炭、炭、と粘土を混ぜた燃料を使うと経費が安くて十分乾燥が出来ますので経費節約には最高ですが、燃焼度が悪いので多量の二酸化硫黄を発生し、これがアガリクスに吸収されて、肝障害を発生するのです。

私は以前からこう言う危険性について熟知しており、
中国で加工するアガリクスについて、絶対に練炭・豆炭を使用せず1台一千万程する乾燥機を4台購入し、二酸化硫黄を発生しない、原始的な薪をたいて乾燥させております。
念のために、分析センターで私の丹羽アガリクスの二酸化硫黄を計算した証明書がありますので付けておきます。

同じ新聞記事にあったように、肝障害をおこした事故が発生したアガリクスを作っていた会社以外に、2社の会社の安全性を厚生省が確認しましたが、その2社のアガリクスについては異常を認めておりません。
この2社のアガリクスは、乾燥する時に、練炭・豆炭を使用しなかったか、使用したとしても、に湾か硫黄の含有量が少なかったからだと思います。

また、こう言う新聞記事が発表される以前から、丹羽免疫研究所でラットを使った実験を行い、アガリクスを飲ませて肝障害が起こるかをずっと実験してきておりますが、丹羽アガリクスを飲ませて肝障害を起こしたラットは1匹もおりませんでした

従って、アガリクス製品すべてに、肝障害の危険性があるのではありません。
更に、発癌促進作用についても、丹羽免疫研究所で実験しましたが、癌の成長を抑えても、発癌促進作用などは証明されませんでした。
即ち、
アガリクスそのものが、肝障害を起こす毒性を持っているのではなく、その加工処理法に問題があることが、ご理解いただけると思いますし、発癌促進作用に至っては、ここ十年、何千例の進行癌、末期癌にHTTやBWS、冬虫夏草などを併用して、抗癌剤のように副作用を示さず、多くの著恒例を出し、進行癌、末期癌の患者さんの命を救っている事実から、特に丹羽アガリクスに限りましては、問題にされること自体が異常を考えます。

私の書きましたアガリクスの小冊子がありますが、その最後の所に、私の開発したアガリクスの効用として、癌以外に慢性肝炎、B型肝炎C型肝炎に特別効果があることを書いております。
現在、各地の診療所で、肝臓の悪い患者さんにアガリクスを飲ませておりますが、非常に良い結果が出ており、近いうちに、まとめて論文にしようと思っており、丹羽アガリクスは肝臓を悪くするどころか、肝臓の悪い人の治療の特効薬です。

INFO
以上、丹羽博士が署名入りでコメント発表されております。
参考にご検討ください。

INDEX BALL GOLD 「丹羽アガリクス」加工工程

  1・早朝、朝摘みした新鮮なものを加工工場へ運び選別

  2・水できれいに洗浄

  3・手作業で裁断

  4・粉末化

  5・土鍋を用いて、遠赤外線焙煎

  6・麹菌で発酵

  7・油剤化

 ※手作業を重視し、管理の行き届いた丁寧な加工工程を実現しています。

工場写真     工場ライン写真 
丹羽博士のアガリクス写真
 
INFO
SOD様作用食品」は、すでに特許取得済
[国際製法特許番号:日本1366368/1768652/2125887世界各国ですでに取得]
 

「丹羽博士のアガリクス」の遠赤外線焙煎・発酵・油剤化の加工方法も
特許申請中/
特願平10-323374

TOP




戻る

左にメニューページが表示されない場合は下記をクリックしてください。

HOME

SOD NETWORK