FAQ


Q20
最後にアトピー性皮膚炎に対する現状認識と今後の課題についてお聞きしたいのですが。
これまで私は多くのアトピー性皮膚炎の患者に接してきました。
この貴重な体験の中から、私は次のことを確信をもって言うことができます。

低濃度のステロイド外用にも絶対反対の教条的な自然回帰の治療法では、もう重症アトピー性皮膚炎は対処できなくなっている。
適切な処理をしなければ重症患者は、社会生活から抹殺されてきている。
ステロイド外用の皮膚萎縮も問題であり、皮膚萎縮の軽度なステロイド剤の開発が急務である。
アトピー性皮膚炎は、環境汚染の続く限り完治しない。
従って腸内細菌叢を破壊するナイスタチンやcytotoxicなインターロイキンの投与などは避けるべきである。
〈政治への警鐘〉環境汚染の放置はアトピー性皮膚炎をますます増悪させ、将来重症患者はガン化するおそれがある。


 戻る

SOD NETWORK