FAQFAQ


Q17
アトピー性皮膚炎にかかる人は、白内障・網膜剥離(もうまくはくり)も併発しやすいと聞きましたが本当でしょうか?
アトピーの原因は環境汚染によって激増する活性酸素が、体内の脂と結合して過酸化脂質を形成することにあります。

アトピー患者特有のカサカサ肌も実は、この過酸化脂質が皮膚の角層の保湿機能を奪ってしまう結果なのです。
 
 活性酸素+脂質=過酸化脂質
 
この重要な公式は、不飽和脂肪酸の多い眼球にも適用されます。
すなわち、紫外線から発生した活性酸素が不飽和脂肪酸と結合して過酸化脂質が形成され、レンズの内側に付着します。
すると過酸化脂質は白濁した脂なので、目が見えにくくなります。
これが白内障です。
さらに眼球の奥の網膜に過酸化脂質が付着して網膜を破壊するのが網膜剥離です。

こうして見てきますと
アトピー性皮膚炎・白内障・網膜剥離ともに、共通した原因によって生まれる疾患であることがわかります。

ですから、アトピーにかかる人は、白内障や網膜剥離も併発しやすいのです。

戻る

SOD-NETWORK